一週間前のことですが

日曜日、教え子卒業生の「お孫さん宮参り」がありました。雨天のため場所を番神堂から本堂に移して勤修しました。このご家族はこれまでの様々な苦労を、持ち前の明るさで、乗り越えて来られました。ご家族の「希望」「願い」そのままに、赤ん坊は、夢人(ゆめと)くんと名付けられました。教え子さんはちょっと涙ぐんでおられましたが、私も鼻の奥がツンとなりました。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ