研修で

先週、某市教育委員会の生徒指導主事の先生方の研修を担当しました。コロナ禍の学校現場は普段以上に大変です。先生方をねぎらいつつ、子供の心と身体を扱う仕事の重みとやりがいについて私の経験を元に拙い話をしました。要は「まだ頑張れる子」「ボチボチ進める子」「今はいっぷくが必要な子」の見極めが極意だと、私は思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ