泥中の蓮

當寺の境内は、季節ごとに、色々な花が咲きます。境内わきの水鉢に、今年も白い睡蓮(すいれん)が咲きました。泥の中からでも美しい蓮が咲くように、「苦しく辛い世間からでも、悟りの花を咲かせましょう」という趣旨のお経が「妙法蓮華経(法華経)」です。

お経は、何語かわからないもの、として呪文のように思われがちですが、その経文(漢文)の意味を知ると、たくさんの生きる知恵や、考え方が詰まっていることがわかります。また、お経には、内容だけでなく様々な「力(ちから)」が、たたみこまれています。

※泥中の蓮(でいちゅうのハス)

160526_0710

 

One Response to “泥中の蓮”

  1. まさと より:

    良いね

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ