母親への想い

50代で亡くなられた女性。まだ二十歳の娘さんと学生の息子さんが中心となってお弔いをされました。その後お仏壇を購入され先月、開眼供養をしました。

「優しかったお母さんのイメージに合うから」とお線香、ロウソク、お花たてなど仏具は、可愛らしい花模様の陶器のものを選んだとのことです。読経の間、親子の想いが通じているように感じました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ