友人を悼む

10年前に不幸にして亡くなられた若い女性のご遺骨を、本堂でお預かりしています。彼岸の折、その方のご友人がひょっこり来寺され、涙ながらに色々な思い出を語られました。

私も5年前に親友の急死を経験したので、彼女の辛さは身にしみてわかります。「もし生きてたら、一緒に・・・」と何度思ったことでしょうか。お話の中でイチゴがお好だったと知り、翌日のご命日にお供えしました。若くして亡くなられた方々の分まで「今」「今日」をしっかり生きたいと強く感じました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ