陰徳と陽報

「陰徳あれば陽報あり」とは、人知れず善行を積めば、おのずと良い知らせがあるという意味です。良い知らせや良いことがあった時には、「神仏への感謝」と「ささやかな陰徳」に思いを馳せます。年末のお寺の仕事をしながら、この一年を振り返ってみると、確かにしんどいこともありましたが、良いことも結構ありました。

20191225_143203 20191225_143214 20191226_152744 20191226_152022

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ