「物事は必然」

「物事は全てが必然」「起こった出来事をその人がどうとらえるか?が大切」とは、一昨年、私が檀信徒さん向けに作成した「お経の本」に載せてある言葉です。私の座右の銘の一つであり、亡き祖父の教えでもあります。今日の法事では、施主の親類の方が、この言葉を見て「災害での突然死」「理不尽に殺されること」も必然なのですか?と質問をされました。

私は、「この世の理屈」と「あの世の理屈の話」、「私の死生観」と「経験談」、日蓮聖人が遺された言葉を交え、「私の信念」を比較的コンパクトにお伝えしました。初めて聞かれる話だったからか、その場の皆さんは、興味深く聞き入っておられました。

法事の席でのこういうやり取りは、大変うれしいことで、僧侶の醍醐味ですね。

経本2

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ