摂食障害

摂食障害(一般には拒食症、過食症と呼ばれたりします)は、場合によっては治療が難しく良くなるのに数年かかる場合もあります。死の危険も伴うため、お医者さんやカウンセラーも及び腰になり、敬遠されがちなケースもあります。

しかし、心ある医者やカウンセラーは、敢えてこの摂食障害に取り組んでおられます。最近はリモートで良い研修を受けることが出来るようになりました。やはり認知行動療法や家族療法はキレ味があると思います。治療法も様々、ケース本人の事情も様々ですが、「友達との楽しい食事や会話、季節の料理、デザート」を美味しく味わう喜びを是非、是非もう一度感じてもらいたいと切に願います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ