永代納骨堂 10月5日落慶です

お寺として、何ができるのか? 何をすべきなのか? 模索し続けてきましたが、亡き人やご先祖を「供養」するという文化を絶やさないことが大切だと考えるようになりました。「供養の場」を提供し、亡き人を弔い、追善することが僧侶の大事な役目です。今回、當寺管理の「やすらぎ霊園」内に納骨堂を開きました。このお堂では、納骨された方の菩提寺様、他宗のご寺院様も、無料で自由にお使いいただき、年忌法要などにご利用していただけます。また、孤独死の後、ご住居に遺されたお身内のご遺骨、支援施設などの身寄りのない方のご遺骨の受け皿としても、ご相談に応じ協力させていただきます。納骨堂2永代納骨堂 案内

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ