「2019年12月」の記事一覧

陰徳と陽報

「陰徳あれば陽報あり」とは、人知れず善行を積めば、おのずと良い知らせがあるという意味です。良い知らせや良いことがあった時には、「神仏への感謝」と「ささやかな陰徳」に思いを馳せます。年末のお寺の仕事をしながら、この一年を振・・・

「物事は必然」

「物事は全てが必然」「起こった出来事をその人がどうとらえるか?が大切」とは、一昨年、私が檀信徒さん向けに作成した「お経の本」に載せてある言葉です。私の座右の銘の一つであり、亡き祖父の教えでもあります。今日の法事では、施主・・・

SDGsと水

今から4年前、国際連合が2030年までに、世界のすべての人のために達成すべき目標として掲げた「持続可能な開発目標・SDGs」は、他人ごとではありません。地球の未来のために、国や企業だけでなく、科学者、市民、若者すべての参・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ