「この世のこと」の記事一覧

お施餓鬼法要

8月15日は當寺、お施餓鬼法要でした。3年前のコロナ禍以来、時間予約制で一日6回の法要を営んでいます。それまでの先着順番制では、暑い中の待ち時間も長かったのですが、スッキリ改善されました。受付では、今までのカップアイスで・・・

少しずつ

今朝のお掃除もおわり、回廊から境内を、眺めています。早朝の澄んだ空気が心地よいです。3ヶ月前から、お盆法要に向けて重点的に廊下を磨いてます。力を入れるので1日1~2枚しか進みませんが、続けていくうちに、見違えるようになっ・・・

教員カフェで

先週日曜日は、2か月に一度の教員カフェでした。手打蕎麦「うら田」さんの実演、打ち立て食事会も兼ねて、大いに盛り上がりました。修行時代の苦労話や、蕎麦を打つためのこだわりを語りながら、素早く蕎麦を仕上げていくその職人魂に、・・・

見栄えより、土台

先月施行いただいたグランドライン社と提携する人材の中でも数少ない「木材腐朽鑑定士」の重坂さんは、古い木造建築を後世に残すため、各地でその卓越した手腕を発揮されてます。本堂などの修理や保存は、「上部の見栄えや外見にお金をか・・・

100年、200年後に向けて

當山は古い山寺で、本堂は築後約120年、山門は約240年にもなります。昨今の社会・檀家事情では億単位の建て替え等は、不可能です。しかし、老朽化しつつある木材を今のうちに防腐、防虫効果の高い工事方法を用いると、まだ100年・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ