「2016年5月」の記事一覧

あの世の理屈

生きている我々にとって「健康」「学歴」「お金」などが、一般に価値があると考えられています。これは「この世」の理屈です。しかし、人が「あの世」に行ったとき、その理屈は通るのでしょうか。「あの世」では、生前に「人に優しくした・・・

泥中の蓮

當寺の境内は、季節ごとに、色々な花が咲きます。境内わきの水鉢に、今年も白い睡蓮(すいれん)が咲きました。泥の中からでも美しい蓮が咲くように、「苦しく辛い世間からでも、悟りの花を咲かせましょう」という趣旨のお経が「妙法蓮華・・・

発達障害

発達障害の子供たちは、社会生活を営むうえで、うまくいかない特徴や苦手なことがあっても、周りからは、それが「障害」と理解されずに、「怠けている」「わがまま勝手」と誤解される場合があるようです。 この不適応行動の症状が、軽く・・・

お盆のいわれ

お釈迦様の弟子に舎利弗(しゃりほつ)という人がいました。舎利弗の母親は、欲張りなうえに他人の子には不親切で、我が子だけに食べ物を与えるような性格でした。それゆえ、亡くなった後、あの世では飲食ができない責め苦を受けていまし・・・

ご先祖様

僧侶がご先祖様のお話しする際、よく使われる話があります。 それは、「どの人にも親が2人、祖父母が4人、曽祖父母が8人、あとは一代一代さかのぼるごとに、倍々のおじいさん、おばあさんが増えていきます。10代300年で2千人、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ