雨の日の法事

雨の日の法事やお墓の建碑では、若い時に教わった『雨中帰家(うちゅうきか)』の話をします。それは「雨の中、蓑と傘をかぶり、我が家に帰っていく」という日本画のテーマの一つです。我々の人生は常に旅の途中であり、その中で、わが家(魂のふるさと)を忘れてはいけない。そして、人生の旅を終えた時、なつかしい故郷の我が家に帰るのであるという話です。雨の日の法事やお墓の供養は、難儀がられますが、こういう意味もあり、私は嫌いではありません。

DSC_1591
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ