認知症の問題

13日(火)、お寺の客殿で「認知症対策講座」を開きました。「お寺で終活シリーズ」の第一弾です。ファイナンシャルプランナーの下農美智子さんをお招きして、わかりやすく、心温まるお話が聞けました。今後、急増が予想される認知症患者さんの問題について、「本人・介護家族の方々を、地域ぐるみで支えていきましょう」とのことでした。講座を受けられた方は「認知症サポーターのオレンジリング」を受け取られました。「老人にとって孤独は『毒』」、「質の良い人間関係は身体だけでなく、脳を守ってくれる」との言葉が印象的でした。お寺が人と人をつなぐ場となればうれしいです。

DSC_1434

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ