ありがたかったこと

台風21号の被害は甚大で、ニュース映像で知るだけでなく、知り合いのお寺や知人の建物・事業への被害は大変なものがありました。當寺は山寺ゆえに、倒木、木々が参道や境内に散乱しました。夕刻、週末の「三十番神法要」への不安がよぎりましたが、翌朝、村の総代さんはじめ、寺当番の方、有志の方が駆けつけてくださり、、汗まみれになって片づけていただきました。本当にありがたかったです。建物被害も「軒瓦2枚、欄干の飾り」だけで済みました。わずか1メートルの差で、本堂の屋根は、倒木被害から逃れました。大難が小難で済みました。たとえ被害が出ても「命、人材、今までの努力」が残っていれば、法燈は維持できると信じています。

DSC_1237DSC_1239
 

DSC_1234DSC_1241
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ