人生を表す「ひと文字」

ビジネス主導の「終活」ブームに対して、お寺やお坊さん主催の「終活」イベントが企画され、その企画会議に参加しました。そこで、戒名(かいみょう)や法号(ほうごう)の話題になりました。戒名・法号とは、師匠のお坊さんから与えられる「僧侶、尼僧としての名前」です。生きている間に出家しなかった人は、亡くなった時に、仏門に入り、あの世で修行を続けるのです。つまりお葬式は、故人が仏門に入る儀式なのです。話の中で「その人の人生を振り返って、それを端的に象徴する漢字一文字が戒名の中に入っていると、故人も浮かばれるのではないか?」という意見がありました。今までの人生を振り返ってどのような「漢字」が頭に浮かびますか?また、今後の人生を生きる中で表したい「漢字」は何でしょうか?「優」「善」「励」など、人々が「そんな人やったなぁ」と思い出してもらえるものが良いですね。

banner_2

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ