エンディング産業展

8月23日~25日、東京ビッグサイトで、いわゆる「終活」に関する産業の展示会がありました。その商品中に「仏教の教え」があるのか?という問いが、ポータルサイト「まいてら」の疑問でした。「まいてら」として出展した目的は、「終活相談に応じることを通じ、来場する一般生活者に『お坊さんと話せてよかった』という体験と安心を提供する」というものでした。「終活」とは本来「死生観」の問題ですが、そういったこととは全く別に、奇抜なお骨壺、葬儀の演出、新しい墓石の形などがたくさん展示されていました。終活相談こそ、僧侶個人個人の死生観が問われることだと思います。

まいてらエン1

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ