お盆のお参り

8月のお盆のお参り。各寺院にとっては一年で最も忙しい時期です。一日でお参りする檀家さんの軒数もかなりの数になりますし、近年の暑さもあり、僧侶にとっては厳しいものがあります。しかし、「一軒の檀家さん」から見れば、亡き身内、我がご先祖様への読経供養を受ける大切な時間です。僧侶目線でなく、檀家さん目線で考えると、できる限り丁寧に心を込めて供養させていただきたいです。このことを再認識したのは、とある檀信徒さんが、「亡き人やご先祖様を迎える準備」また「僧侶への細やかな心遣い」を丁寧にしておられることを知ったからです。

R34L2#

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ