経文の一文字

先日の法事で、小学生のお子さんから「お経って全部で何文字あるの?」と尋ねられました。その質問から、若い頃に学んだ大切なことを思いだしました。「法華経」の文字は全部で6万9千3百8十4文字と伝えられています。日蓮聖人は「その一文字一文字は真の佛である」と述べられておられます。それを表すものとして「蓮台法華経(お経一文字が蓮の台に乗せられているお経)」が国宝として伝わっています。経文一文字の大切さを、その無垢な質問から思いだしたのです。神仏を大切にすることは、人智を超えた神仏への「感謝の念」を強くすることだと思います。私自身、ついつい「感謝の念」を忘れがちな日常ですが、一つ一つ思い出したいです。

;yq@e

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ