子供の頃

自分が子供だった頃、悪いことをしたり、親への秘密が無かった人はいないと思います。でも、自分が大人になると忘れてしまい。子供は「常に正直で良い事だけをしなさい」と要求してしまいがちですね。小学校一年生の男の子の詩を紹介します。

(『一年一組 せんせいあのね いまも』理論社)

「うそ」 ごうだなおと

ぼくは学校をやすみました

おかあさんにうそをついたからです

なんのうそかというといえません

おかあさんをなかしてしまいました

ぼくもなきました

おかあさんは

こんなおもいやりのない子とはおもわんかった

こんなくやしいおもいをしたのは

はじめてやといいました

ぼくはあほでまぬけで

ばかなことをしたとおもった

ぼくもかなしくてこころがいたい

それでもおかあさんは

なおちゃんのことがだれよりもすきやでと

だきしめてくれました

もうにどとしません

妊娠子供

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ