伝統の重み

先日、「未来の住職塾」の同期生の縁を頼り、他宗派の、あるご寺院様の祈祷法要会にお参りさせていただきました。そのご寺院様の檀信徒のための祈祷だけではなく、熊本や東北の被災地復興の願いもこめられた法要でした。14、5名の僧侶が声を合わせた読経、祈祷の様子は力強く、檀信徒の方々も深く感じ入っておられたようでした。それぞれの宗派には、何百年の歴史があり、その宗派の特色を生かした法要式があります。宗派は違えど、僧侶が檀信徒のため、地域のため、社会のために、ひたすら懸命に読経し、真摯に祈る姿こそが、尊いことなのだと思いました。

祈祷3

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ