「終活ブーム」の陰で

NHK「クローズアップ現代」で『相次ぐ墓トラブル 死の準備の落とし穴』が放映されていました。番組では、いわゆる「終活」をして自分の死後の準備をしていたにも関わらず、本人の孤立や認知症、終活業者の事情などで、供養が受けられず無縁となる方のことが取り上げられていました。各地では、様々な業者さんによる終活イベントがあるようですが、ある僧侶曰く「終活ブースの中に、神仏への信仰や仏教の教えを根本に据えたものは、見当たらない」とのことです。地縁や血縁が希薄になっている現代、我々僧侶は、死後の心構えについて人々の受け皿となる必要があることを、改めて強く感じました。

お葬式

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ