お寺とは、どういうところ?

「お坊さんはお葬式をする人」、「お寺は、お骨を預けたり、ご先祖供養をするところ」というイメージが先行するかもしれません。しかし、本来お寺は「信仰の場」、「地域を支える施設」、「子供の学び場」「弱者の避難場所」など多くの機能を備えていました。今まさに起こっている社会問題について考え、僧侶も、檀信徒の方とともに学んでいくことは、これからのお寺にとって必要なことだと思います。もちろん、「できることをできる範囲」ですが・・・。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ