不登校

全国で約13万人、大阪府だけでも約1万人の小中学生が学校に行っていない状態、いわゆる「不登校」になっている、という現実があります。その要因は千差万別で、いじめなど友人関係によるもの、発達障害への無理解からおこるもの、過干渉、家庭不和などで子供の元気がなくなってしまうもの、それらに加えて複合的な要因がからむものなど、様々な理由から起こっています。その心痛は、子供たち本人だけでなく、その親や家族にも及びます。

まわりの人たちが、ハートフルに接し、少しずつトレーニングを積むことで元気を取り戻す子供たちはたくさんいます。まずは、子供と支援者(カウンセラー、教師、または親)が信頼関係を構築すること。どの子にもある「本音」によりそいながら、希望を持ち、そして、一歩また一歩です。

学校グランド

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ