ご霊水

今から580年前(室町時代)、開祖「日隆上人」の祈りによって湧き出した「ご霊水」は、当時の村人を干ばつから救いました。當寺において、今現在も流れ出る「ご霊水」ですが、近年の山林開発などもあり、このたび、保健所に水質検査を依頼しました。簡易検査ではなく、51項目の専門検査で徹底的に水質を調べてみることにしました。

その結果、非常に純度が高く、有機物や無機物などの混り気がない高品質な水であることが判明しました。特に「水道水の塩素消毒による副生成物」はゼロなので、無味無臭はいうまでもありません。

国際連合からの世界への呼びかけ「グローバル・ゴーズ」の中にも「真水の大切さ、確保」が含まれています。自然豊かな日本にとって「水」のありがたさは、気づきにくいものかも知れませんが、ただただ「水のありがたさに」に感謝です。

DSC_1574DSC_1565設備1ご霊水水槽新DSC_1392DSC_1677
 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ