本堂

明治36年に失火により焼失しましたが、事圓院日行上人により明治44年に再建されました。本堂内には、江戸時代の石川藩領主 播磨守石川総長公の位牌が祀られています。平成25年(2015年)回廊修築、及び位牌堂が増築されました。

P1000441

サブコンテンツ

このページの先頭へ