宗派の教え

本門法華宗は、日蓮聖人から九代目の弟子である日隆上人を門祖とする宗派です。上人は、法華経二十八章のうち後半の八つの章(本門八品)が特に大切だとされました。法華経の後半(本門)では、悟りを開いた仏陀が時空を超えて永遠に存在していることが説かれています。日隆上人は、一人ひとりの心の中に「悟りの種」が宿ることを願われ、合掌の手先は、我々に種を授けるため、下に向けられています。(本因下種)

 

P1000542

本堂の日隆上人像

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ